発達障害をグループで支援するって?

img_7954-2

 

5月からスタートした成人の発達障害支援グループHAGも今週で7回目を終了しました。

 

皆さん驚くほど同じような悩みや問題を抱えながら、誰にも相談できることなく、今まで不安のなかで生活してきたことが実感されます。

 

最初は皆さん不安が高かったと思いますが、回を重ねるごとに、互いに打ち解ける場面も増え、同じ問題を抱える者同士のピアサポートの側面も活発になってくるようです。

 

またHAGでは単なるコミュニケーションの練習を目的にするのではなく、それぞれの方々が自分らしい生き方を見つけるサポートや、自分の人生の価値を再発見することを重要視しています。

 

そのためマインドフルネスの技法を用いた、ACTを重要なポイントで行います。

 

まだまだはじまったばかりで若いこのグループですが、スタッフもミーティングを繰り返しながら、どんどん新しくブラッシュアップしてゆきます。

 

7月末からは第二期のHAGも開始予定です。関心のあるかたは是非HIKARI CLINICまでご連絡下さい。