医師紹介

遠迫 憲英

精神保健指定医
日本精神神経学会認定専門医

岡山県岡山市出身

大学時代は趣味の音楽活動、格闘技(空手、日本拳法二段)に熱中。
またバックパッカーとしてインド、東南アジア、中米、地中海沿岸など各地を放浪する。
幼少期から人間の意識についての興味が深く、
様々な自身の経験を職業に生かすことを目指し、精神科医師になることを決意する。

平成10年医師国家試験取得
川崎医科大学精神科学教室入局  専門:精神療法。
平成12年財団法人河田病院勤務。

この間精神科救急急性期医療に携わり、力動的入院精神医療、チーム医療、集団精神療法を導入。
治療スタッフと患者が一体となって治療を行う治療共同体病棟を創設。
平均入院期間を平均150日から40日まで短縮させる。社会復帰への支援にも積極的に関わる。

思春期・青年期精神医療、不眠症、パニック障害など各種神経症、うつ病、統合失調症など精神疾患全般を対象とする。
近年は成人の発達障害への取り組みやグループ療法、うつ病休職者の復職支援(リワークプログラム)などクリニックをコミュニティとして活用する方法を模索している。

併設のフローティング・タンクでの数百回に及ぶ実践を現在も継続するなど、自分自身の実体験をもとにした理解を重視し、
サブカルチャー、対抗文化を媒介に思春期・青年期の患者さんと交流する、カルチュアル・セラピーを得意とする。

平成21年、HIKARI CLINIC開院。

所属学会

日本精神分析学会、日本集団精神療法学会、日本精神神経学会、日本トランスパーソナル・精神医学会、日本トランスパーソナル学会、日本睡眠学会

専門

精神療法、集団精神療法、薬物療法、変性意識研究

中尾 弘志

精神保健指定医
日本精神神経学会認定専門医

大学時代にジャズ研究会でトランペットを担当。
毎日のように即興演奏を繰り返しインタープレイ(演奏内での心的相互交流)の経験を重ねるうちに、人のこころの有り様に興味を持つようになる。
診療の一期一会の中で生まれるインタープレイの感覚と即興性、
そこから生まれる「未だ見ぬ豊かなもの」が、治療の重要な要素だと考えている。