Floating Tankの歴史

アイソレーションタンクともいわれ、アメリカの伝説的な脳生理学者であるジョン・C・リリー博士(1915~2001)によって1950年代に発明されました。ジョン・C・リリー博士は意識の成り立ちについて、外部からのフィードバックの系を遮断しても意識それ自体が成立し得るか、という問題を研究していました。外部からの情報のインプットを可能な限り遮断するために開発された、感覚遮断の為の装置がそもそものアイソレーションタンクの発端でした。そして彼が実際にそのタンクの中に入ったとき、上述の疑問は即座に解決されたのでした。

左からアレン・ギンズバーグ、ティモシー・リアリー、ジョン・C・リリー博士

左からアレン・ギンズバーグ、ティモシー・リアリー、ジョン・C・リリー博士

アイソレーションタンクは人体と同じ温度に温められた高濃度の塩水(エプソムソルト)によって満たされています。そして入り口のハッチを閉じてしまうと、そこは完全に光の届かない闇になります。高濃度のエプソムソルトの上にポッカリと浮かび、身を委ねると音も、光も、そして体の温痛覚も感じない、そして重力の影響からすらも自由な状態となります。正に5感全てを遮断された状態です。この状態に人間が置かれたとき、そこに存在するのはまさに意識そのものだったのです。

タンクの中で人の脳波は脳がリラックス状態であるアルファ波に誘導されます。そして時間の経過とともに次第にシータ波、時にはデルタ波まで達するという実験結果が出ています。これは深い睡眠状態、そして長年修行を積んだ高僧でしか到達できない悟りの状態に限りなく近い脳波の状態だとされています。究極のリラックス体験です。

イルカの写真

ジョン・C・リリー博士はその後アイソレーションタンクでの実験を続け、イルカと人間のコミュニケーションの可能性に到達するに至ります。それはイルカこそが正にアイソレーションタンクに近い状態で進化してきた生物であるという直感からです。彼のイルカ研究は後のイルカブームの理論的支柱となり、多くの知見を生みました。また彼を題材として、ハリウッドでは2本の映画「イルカの日」「アルタードステイツ」が制作されました。

現在ではアメリカ、ヨーロッパを中心としてリラクゼーション、瞑想、体の自己修復機能の増大など様々な用途で用いられ、各地にフロートセンターといわれる施設が存在します。名称もアイソレーションタンクという少し仰々しい呼び方からフローティングシェル、フローティングタンクと呼ばれるようになってきています。

HIKARI CLINIC / COCOONでは、新しい自分自身の発見、現在の課題への気付き、患者さんの自己洞察への援助、そして究極のリラクゼーションとしてのフローティングタンクでのセラピーを提案しています。是非一度お問い合わせください。